様々な日常のつぶやきを読んでもらいたいという想いを叶えていくため、ツイッターが普及しています。このようにして、IT文明の発達によって、想いを伝える手段の多様化が成されていったのであり、ツイッターの利用者が多いことが、そのままツイッターの需要の高さを物語っているのです。

そして、気軽に自分の気になることを主張できるツイッターによって、その意見に共感する人たちとのつながりを密にしていくことになるのです。故に、ツイッターによって、ネットを介してのつながりが有意義であることを教えてくれるのです。

ツイッターを介して気になるつぶやきを打ち込んだ後に、そのつぶやきに対して一体どれだけの人が共感してくれるのかと興味深くなっていき、自分の書き込みによって、あたかも自分がバトンを手渡していったかのような役目を担った気持ちになったりもすることでしょう。

そして、一度に書き込める文字数が限られているからこそ、自分の想いを集約させていこうとする気持ちを喚起させやすいものだと考えられて、そのため、ツイッターの利用が日常の習慣として親しんでいる方が多いのだと思うのです。

時には、ツイッターを介して人生の相談役を買って出たいと思う方が出てくるのではないかと思います。気になる人の書き込みを見て、自分が何か効果的なアドバイスを相談者に提供することによって、その人が救われることを心から願うようになるのでしょう。故に、ITの発展によって、つながりの可能性を押し広げるに至ったのだと言えるのです。
開発が進むIT化には、更なる期待をするばかりです。